フードマインドからのお知らせ

【FM】自然派 ワイン モンティリュス

毎度、お引き立ていただきまして誠にありがとうございます。
フードマインド・ジャパン株式会社の細谷でございます。
【FM】自然派 ワイン モンティリュス
□ドメーヌ・モンティリュス
白ヴァケラス・ブラン  2003 希望小売4000円
赤ジゴンダス 2002 希望小売4000円




数ある自然派 ワインと言われる生産者の中でも、最もストイックにワイン造りに没頭する生産者の一つであることは間違いないジゴンダスの『モンティリュス』。02年に設立した新しい醸造所は、理想的で完全な重力醸造が可能な、3階建てマンションに相当する高低差を持っています。
家族経営であるモンティリュスを極めてストイックに運営しているソーレル夫人は、フランソワーズ・ベデルやヴェロニック・コクラン(シャトー・ファルファ)との親交がとても厚く、常に情報交換を行っています。同じくビオディヴァンに加盟する生産者の中でも一目を置かれる存在で、真剣にワイン造りに励む優良生産者です。真剣な自然派ワインが味わえます。
□栽培と醸造について
完全ビオディナミで栽培後、完全な手摘みで厳しく選別しています。「実際にブドウを食べて完熟度合いを判断します。完熟したブドウの皮からは、ペパーミント、バニラ、ハチミツ、アニスシードなどのスパイス、ラズベリーなどの風味が感じられます。完熟した種子からは、ヘーゼルナッツやローストしたアーモンドの風味が感じられます。」
2002年に感性した新しい醸造所では、10メートル(3階建てのマンション)もある高低差をもって斜面上に建設されました。古くからの農法を大切に考えるビオディナミ農法ですが、ここにはそれを真剣に実行するための最新設備が完備されています。
そして、良い状態に熟成されてから出荷されるために、リーズナブルなラインナップでありながらヴィンテージが2002年や2003年など他の生産者と比べると、だいぶ熟成されてから出荷されていることは、大変ありがたみを感じますし、彼らの真剣さの表れだと思います。
日本国内でどのような状況で保管し熟成したとしても、生産者のセラーで熟成を待って出荷された場合とでは異なるように感じられるからです。
□ドメーヌ・モンティリュス
自然派 ワイン グループ「ルネッサンス・デ・アペラシオン」に加盟
ビオディナミ認証(エコセール)を全ての畑で取得
各主要ワインメディアで恒常的に高い評価を受ける、本物の自然派生産者
ブリティッシュ・エアウェイズ国際線にオンリスト
ミシュラン三ツ星パリレストラン「ギー・サヴォワ」でオンリスト
パリ一流ワインショップ「ラヴィーニャ」取扱ワイン
5世代続く家族経営「ビオディヴァン」加盟
ドメーヌ名の由来は子供たちの名前より、MON(Manon)、TI(Justine)、RIUS(Marius)を組み合わせたものです。モンティリュス
□品質保全への努力 ~手作業による製品のための陰と陽~
ビン詰めはマリア・テュン女史のカレンダーに基づいて、無清澄、ノンフィルターで行います。ボトルは白ワインも日光による劣化を最大限防ぐために濃厚な黒いワインボトルが使われています。コルクも非常にこだわり、良質なコルクが使用されています。
しかしながら、これだけの注意を払いながらもボトルによっては還元香などが見られるなど、稀ですが、いたしかたのないばらつきが見られることがあります。これも工業製品ではない手作業による良いところとむしろ楽しまれることを提案したいです。数本を味わってみていただけることはこの上ない喜びです。
自然派 ワイン ヴァケラス・ブラン 白 2003 希望小売価格4000円
大変特徴的なのが2種類のワインを同時に作り、それを最終的に混ぜているところです。
ブルブーランという品種が50%で一つ、もう一つはグルナッシュを25%とルーサンヌを25%使用しています。異なるタイプのブドウを合わせることで感動的な味わいになっています。
砂質、砂岩質基盤に、大小の石がごろごろ転がる粘土石灰質の古代沖積土壌。年間5500本程度を生産する限定ワイン。白ワインながらも濃厚なボトルでビン詰されています。
とても複雑で繊細な味わいと、ミネラルの重厚感、そしてとっても自然に飲める素晴らしいワインです。
醸造家のテイスティングコメント
「ミネラルや森の草木の風味。やわらかいタンニンが口の中を優しく包み込む。美しくバランスのとれたワインです」
自然派 ワイン ジゴンダス 赤 2002 希望小売価格 4000円
植樹1925年という超古木を主に利用しています。砂質、砂岩質基盤に、大小の石が
ごろごろ転がる粘土石灰質の古代沖積土壌。ヘクタールあたり35ヘクトリットルの低収量。グルナッシュ80%、ムールヴェードル20%。100%除梗し、低温マセラシオンを行う。大樽で18ヶ月熟成。
醸造家のテースティングコメント
「カシスやスミレを思わせる特徴あるアロマ。まろやかで力強い果実味が口に迫ります。
タンニンの舌触りも絶妙。香りと同じ味わいが持続します。」
繊細でエレガント、彼らの努力の集大成がこのワインに捧げられています。
2005年度ジュリ・コンソマター・コンクール金賞受賞
ギド・アシェット2005 ★獲得
ミシュラン三ツ星 パリのレストラン「ギー・サヴォワ」にオンリストされています。
「ギー・サヴォワ」は、天性的な料理の才能を持つギー・サヴォワ氏の洗練された創意溢れるヌーヴェル・フレンチ(現代フランス料理)を楽しもうとフランスのみならず世界各国からVIP、セレブな客人が足を運ぶ、ミシュラン3つ星レストランです。
ドメーヌについて
コート・ド・ローヌ南部のサリアンに5世代続く家族経営のドメーヌで、現在、エリックとクリスティーヌのソーレル夫妻が運営しています。ジゴンダス、ヴァケラス、コート・ド・ローヌ、ヴァンドペイ・ド・ヴォークリューズにグルナッシュ、ムールヴェードル、シラーの畑を合計58ヘクタール所有しています。前当主マックスにより1980年から段階的に自然派農法を実践しはじめ、1999年ヴィンテージから、すべての畑で自然派 ワイン ビオディナミの認証(エコセール)を取得しました。以降、エレガントで深みのあるそのワインのスタイルが各国ワインジャーナリズムから高い評価を受けるようになり、今日も、「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」、「ル・クラスマン」、「ギド・アシェット」、「ギド・フリュリュス」、「ゴー・ミヨー」、「キュイジーヌ・エ・ヴァン・ド・フランス」、「デキャンター」、「ワイン・アドヴォケート」、「インターナショナル・ワインセラー(ステファン・タンザー)」、「ワイン・スペクテイター」といったワインメディアで恒常的に高い評価を受けています。また、世界12か国に輸出されており、ブリティッシュ・エアウェイズなどの国際線にもオンリストされています。フランス国内では特にパリジャンから支持されており、ギー・サヴォワをはじめとするミシュラン3つ星レストランや、ラファイエット・グルメ、ラヴィーニャなどのパリの一流ワインショップで販売されています。ドメーヌ名の由来は子供たちの名前より、MON(Manon)、TI(Justine)、RIUS(Marius)を組み合わせたものです。モンティリウスは、「ビオディヴァン」に加盟していますが、ビオディヴァンの加盟ドメーヌの女性醸造家達は非常に結束が固く、クリスティーヌ・ソーレルはフランソワーズ・ベデルやエマニュエル・クレイデンヴァイス、ヴェロニック・コクラン(シャトー・ファルファ)などといつも情報交換をしています。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
【ワイン卸商】フードマインド・ジャパン株式会社
酒販店様、業務店様の自然派 ワイン モンティリュスのお問い合わせはこちらまで
心よりお待ち申し上げております。
【フードマインド・ジャパン株式会社】ホームページ
【フードマインド・ジャパン株式会社】ワインリスト
TEL:03-5362-0626
□土壌のエネルギーレベルを引き上げる、ビオディナミ農法
周知のように、自然派 ワイン ビオディナミ農法の考えの底辺には「土壌やブドウ樹がもつエネルギーのレベルを引き上げることによって、よりテロワールを表現する」という考え方があります。以下は、具体的にどのようにビオディナミ農法が土壌エネルギーの向上を図っているかという、効果事例になります。
■牛糞
効用:地中から植物を押し上げる(根に作用する)
作成:雌牛の分を雌牛の角に入れて、粘土質過ぎたり砂質過ぎたりしない土壌の、
深さ50cm-75cmのところに冬の間中埋めておく。
■タンポポ
作成:頭花を乾燥させて少しちぢれた状態にし、少々圧縮する。それを牛の腸間膜
に包み込み、ひと冬埋めておく。
効用:宇宙から放射される珪酸を正しく取り込み、カリウムとの間に適正な相互関係を
作り出す
■スギナ
作成:スギナで濃縮したお茶を作り、これを農地に散布する。
効用:大地が過剰な月の力を水によって吸収することができないように、水から月の作用を仲介する力を奪い取る。(珪酸を持ち、それを作用させる)
■ノコギリ草
効用:カリウム作用を適正化する
作成:花をできるだけ新鮮な状態で摘み取り、ごく短時間乾燥させる。それを鹿の膀胱で
包み、夏の間日光のよくあたる場所にぶら下げておく。秋にそれをおろしひと冬大地に埋める。
■カノコ草
効用:植物がりんに対して正しく作用する働きを得られる。
作成:花を少々圧縮し、絞り汁を極度に薄める。これをごくわずかに肥料に加える。
■イラクサ
作成:乾燥させて少しちぢれた状態にし、少々圧縮する。それをそのまま大地に冬から
翌冬まで1年間うめておく。
効用:鉄の作用を好み、自分のほうに引き寄せるゆめに、大地の上層部を鉄の作用から
解放する。(樹液を還元させる働きを持つ)
□ビオディナミ農法による効果の科学的実証例 ビオディヴァン提供
ビオディナミを行ったことによるブドウへの効果が、科学的に理解できる一つの事例があります。ブドウ皮の細胞が非常に綺麗に残されていることです。次の画像で、ブドウ皮細胞が保護されていることが伺えます。1→2→3と、ブドウ皮の細胞がより保護されています。
黄色の部分がブドウ皮です。(正確にはタンニンが黄色に染められています)
1.ビオディナミ及びオーガニックでない作りによるブドウ皮細胞の拡大図

2.オーガニック農法によるブドウ皮細胞の拡大図

3.ビオディナミ農法によるブドウ皮の拡大図

ブドウ皮の細胞がとてもにきれいに残され、ここから優良なタンニンが抽出されます。
□「木製の道具」を一切使わない醸造 ~ブドウを純粋に味わうために~
意外に思われるかもしれませんが、モンティリュスでは全ての醸造工程で木製の道具が使用されることを嫌います。ブドウが木製の道具と接触することで、味わいが変化してしまうことを避けるためです。
彼らはブドウ作りを極めて熱心に行っていますが、それによってできた優良なブドウを木製の醸造道具と非接触を保つことによって味わいの不衛生な変化を防ぎ、そのため、純粋に、優良なブドウからワインに変化した味わいを得ることができます。ここまで徹底している生産者は珍しいです。
南仏ワインに多くみられるパワーと樽香を持ったワインとは全く異なり、極めて自然派の特徴のワインが感じられます。そしてとてもエレガントで繊細なワイン、生産者は「ジゴンダスは男性のようなワインが多いが、私たちのワインは異なる」とコメントしています。