フードマインドからのお知らせ

ウリドキに紹介されました、ワイン買取

「酒類の買取始めました!!」ってよく見かけますが

中国の富裕層が好んで買うもんですからウイスキーやブランデー、アルコール度数が高いハードリカーを、買取るショップは非常にたくさんあるのです。しかしワインとなると難しい、なぜならみんな同じようなボトルに入りラベルが付いています。また名前も「シャトー○○」とか「ドメーヌ◯◯」とか似たようなものばっかりで知識が必要。そして、状態の善し悪しを見分けるのにも技術がいる。つまり「酒類の買取」を看板に掲げているようなショップでは頼りないのです。最低でも「ワイン買取」とはっきり宣言しているショップを頼りましょう。

商品知識が豊富なショップを探すには?

数100円から数100万円……非常に価格帯に幅があるのがワイン、買取スタッフの商品知識が豊富なことが絶対、ですから「ワイン買取」の看板を掲げているだけでは不十分なのです。スタッフの知識を試すにはどうするか?非常に簡単な方法は、電話やメールで手持ちのワインの買取価格を問い合わせればよい、もちろん複数の店舗で……ということになります。それらの中で受け答えに曖昧な点がなく、かつ一番高い値段を付けてくれたショップを訪ねましょう。え、電話と実際では買取価格が違う?そんな場合は一も二もなくショップを後にすべきです。とにかく、いきなりワインをショップに持ち込むことは避けましょう。大切なモノならばなおさらです。

ワインを買取ってもらうなら、ココを目指せ!!

ワインを買い取ってもらうならフードマインド・ジャパン
https://uridoki.net/sake/kiji_61465/

出典:フードマインド・ジャパン

特徴
・ワイン買取「専業」という特殊な業態
・東京に住んでいるならば、ぜひ店頭へ

単なる酒の買取とワインの買取は違う、このことはすでに申し上げた通り。ならばワイン買取専業のショップを訪ねましょう。「フードマインド・ジャパン」はこのジャンルではワン・アンド・オンリー的存在。年々、商売の規模も拡大中ということですから、広く支持も集まっているのです。そして、こんな業態は人口が密集する東京でしか成り立たないはず。せっかく東京に住んでいて、訪ねていける距離ならば、直接店頭に持ち込みたいショップです。

フードマインドジャパン