ホーム ⟩ ミッションステートメント(フードマインド憲章)

ミッションステートメント(フードマインド憲章)

ミッションステートメント(フードマインド憲章)

働く自分が幸せになるために
働くすべての人が幸せになるために

いま、”自分たちができていること”を具体的に言葉にしてみる。

・すべてのお客様に、最高の誠実さを届けよう。

不誠実に買取価格を下げ、不誠実に落札価格をつり上げ、一時的な利益を得ることはできる。
しかし、そのようにすることでその時の気持ちには大きな濁りが生じ、お客様には不当な不利益が生じ、フードマインドの夢である『美しき流れ』を構築することからは大きく離れていく。
誠実な買取価格、誠実な出品、さらには誠実な梱包、誠実なメール対応、誠実な接客を行い、常時、誠実さをお客様に届け続けること、そして結果として常に心に誠実さを宿し続けることを目標とする。

・まずは自分が幸せに働ける環境を整えよう。そして、仕事する時間の中に、自分なりの幸せを見出し、明るい職場にしよう。

自分が働く環境を整えることから始めよう。時間の量、作業の量、責任の量。どれかに無理が生じていたら他人を幸せにするなどというゆとりが持てなくなるのは当然のこと。まずは自分が幸せに働くにはどうしたらいいか、上司に相談してみよう。

仕事する時間の中で自分が幸せを感じる部分はどこにあるのだろうか?スタッフにどんなご飯を作ってあげようか、と考えているときか、普段の何気ない会話をスタッフとしているときか。みんなの分の美味しいコーヒーを作ってあげたときか。何でもいいし、それを創造するのは自分だけの自由なもの。自由に想いをめぐらせ、自分だけの幸せなポイントを見出すことができれば、ささいな不快は自然と消えていってしまう。どんな時でもその瞬間には成り得ると考える。気持ちが伝わるような丁寧な梱包が完成した瞬間や、愛情あふれるメール対応をやり終えたとき、出張買取してお客様に感謝されたときなど、具体的な仕事の中でもある。幸せを見出すチャンスは無数にあり、どんな時でも自分の中の幸せなポイントを確認しておくことはきっと自分にとって大きな支えになると考える。

・間違いから、改善を創造しよう。

組織が腐敗する最も大きな原因の一つにミス・不正が報告されずに内部に埋まったままになることがある。ミスを正直な姿勢で受け止めれば、大きな改善のチャンスになり、さらに良いサービスを生むことができ、自然とミスの絶対量は少なっているという、上昇のスパイラルが発生していく。
逆にミスが内部に埋まったままになれば、サービスは改善されず、お客様は離れ、サービスを行う自分の気持ちも落ちていく、負のスパイラルが発生してしまう。シンプルに間違いを受け止めることが、すべての出発点と考える。

・幸せな人間関係を構築するために、多くのコミュニケーションを取ろう。

組織における良好な人間関係の数値的なバロメーターとして、普段の会話の多さ、プレゼントの流通量を測ることができる。とはいえ、何よりも幸せな人間関係の中に自分が入ることができれば、入っているすべての時間は幸せな時間となる。幸せなコミュニケーションの風を自ら発し、育て、その中に自分が入ることは大切なことと考える。

・異なる価値観を尊重しながら、チームワーク・フードマインドの文化を育て続けよう。

すべての人がそれぞれに異なる価値観を所有し、それぞれにそれを大切にし、それぞれの人格を守っている。いかなるときもそれを傷つけて、自らの利益を得てはいけないので、隣の人の人格に敬意をもつことは大切と考える。隣の人の歴史、つまり性格の特性、育った環境を理解することに大きな意味が生じてくる。そして、フードマインド全体が一つの家族、チームとなれるように行動し、その結果として、フードマインドの文化が育ち続けることを期待する。

・No.1を目指そう。そして、どんなときも謙虚でいよう。

No.1でない会社、つまり、2番手、3番手以下の会社で働くスタッフには、多くの場合、No.1の会社よりも大きなプレッシャー、ストレス、きつい目標が課せられている場合が多い。働くスタッフ、
株主、経営者、最終的にお客様が幸せになるためには、組織は特定のカテゴリーでNo.1になっている必要がある。すなわち、No.1になれないことはやってはいけない。また、No.1は守り続けなければいけない。よって、関わる全ての人の幸せを守るために、自分の幸せを守るために、常にNo.1であり続ける必要がある。そして、それを達成したら、ただ、謙虚でいるだけでいい。

Mission Statement (Food Mind Charter)

To myself to work to be happy
To all the people who are working to be happy

Now, I try to words specifically the “that what we are made”.

– To all of our customers, it will Deliver the highest integrity.

Dishonesty lower the purchase price, bad faith and lifting the successful bid price, it can be obtained a temporary benefit.
However, such a large turbidity occurs in the feelings of that time in that to, occur undue disadvantage to the customer, to go away greatly from the fact that to build a dream of food Mind “Beautiful flow”.
Sincere purchase price, sincere exhibition, even sincere packing, sincere mail correspondence, make a sincere hospitality, always, it continues to deliver the honesty to our customers, and always keeping pregnant with sincerity in mind as a result I to target.

– In the time to work, they have found my own happiness, I will try to bright workplace.

Where would there be myself part feel happy in time to work? Or I’ll make any rice to staff, whether when you are thinking, or when you have a staff everyday casual conversation. Or when it is raised to make everyone’s minute delicious coffee. To say anything, it free ones only yourself to creativity. Freely Megurase feelings, if it is possible to find a happy point of your own, trivial discomfort can become faded with nature. Any time, even in that moment be thought of as capable of becoming. Moment and the feeling is transmitted as a polite packing is completed, when you have finished doing the loving mail correspondence, such as when it is thanks to our customers by business trip purchase, it is also in the concrete work. Chance to find happiness is in the myriad, we consider any time, even that you know the happy point in me and surely be a big support for me.

• From the mistake, and try to create an improvement.

Organization which it may remain to be buried therein without the most significant source of one Miss fraud is reported to rot. If Uketomere mistakes in honest attitude, significant improvement of the chance to become, it is possible to produce a better service, that is absolute amount Tsu small natural and misses, spiral of rising continue to occur.
If accustomed to remain mistake in reverse was buried in the interior, the service is not improved, customers away, go down also your feelings to perform service, negative spiral occurs. To receive the inaccurate simpler, it is considered that all of the starting point.

– To build a happy relationships, and will take a lot of communication.

As a good human relations numerical barometer of in the tissue, large number of everyday conversation, it is possible to measure the distribution of gifts. That said, if it is possible that I enter into the happy human relations more than anything else, all the time that contains a happy time with. Issued their own wind happy communication, grow, is considered to be important that I enter into it.

– While respecting the different values, and tries to continue to grow a culture of teamwork Food Mind.

Everyone owns the different values to each, and to cherish it in, respectively, and are keeping their personality. Any time also hurt it, so do not get their own benefit, to have the honor next to the person’s personality is considered to important. Next to the people history, that is characteristic of personality, come be a big sense to understand grew up environment occurs. And, the entire hood mind is to act as become one of the family, with the team, as a result, I expect that the culture of food sentiment continue to grow.

· No.1 the Aim. And, also I will be humble any time.

Company that is not No.1, in other words, second place, the staff working in third place the following companies, in many cases, big pressure than the No.1 company, stress, tight in many cases the target is imposed. Work staff,
Shareholders, management, ultimately for our customers to be happy, the organization needs to have become No.1 in a particular category. In other words, we can not do that you do not accustomed to No.1. In addition, No.1 dont must continue to protect. Therefore, in order to protect the happiness of all people involved, in order to protect their own happiness, there is always a need to continue to be the No.1. And, if you achieve it, just, can I just have a humble.





メディア掲載情報

ワイン専門誌「ワイナート」掲載
TBS「お茶の水ハカセ」へ出演