クラブ選手権 BWC 1回戦 - ワイン買取会社の社長ブログ
ホーム社長ブログクラブ選手権 BWC 1回戦
社長ブログ

クラブ選手権 BWC 1回戦


いい勝負をしたい。いい勝負をすることに全力を尽くす。

その結果、勝っても学び、負けても学び、どちらの場合も最大の学びを得ることができ、なおかつ相手の勝利を讃えること、その後の相手の成功さえも祈ることができる。

結果として、笑いや涙の量が最大になり、人生の素晴らしさを実感できる。

このようなマインドセットで試合に臨みました。

ブリックアンドウッドクラブのクラブ選手権決勝のマッチプレー一回戦。

相手は今回メダリストの竹添さん。

7時スタートのアウト1番ホール、3打目残り105ヤードを私が直接入れてイーグル、竹添さんはベタピンのバーディ。これは何かあるのではと感じる朝のスタートでした。

最難関の2番ホールは竹添さんがツーオンするもスリーパット、私は計算通りの3オンツーパット。

難しいショートの3番、お互い左に外すも私は寄らない上からのアプローチ、相手は下からのアプローチを上手く寄せオールスクエア。

4番を竹添さんがナイスパー、私はボギーでワンダウン。

5番のショート、ピン位置は右手前、相手が左に外し、山を越えなければならないパットが残り私に余裕が生まれました。9番アイアンでオッケーバーディを取りオールスクエア。

6番のミドル、ティーショットは相手が左のバンカーに入れ、私は同じバンカーの隣のラフ。これも私がバーディチャンスでプレッシャーをかけられたのか相手のミスが続きワンアップ。

7番、短いミドル、今度は竹添さんがベタピンのバーディになりオールスクエア。

8番、プレッシャーが高まっていたのか、お互いが左にひっかけOBから始まり、私がアプローチを寄せきれずワンダウン。

9番のロング、竹添さんが左に曲げるもボールが良いキックでラフに。セカンドをナイスショットで残り170。私は右のバンカーから安全策で8番アイアンで出し、セカンドは残り上りの200y。ピンチになりながらの3打目は7番ウッドで上手くグリーンをキャッチ。そのあとの竹添さんが大きく左に曲げてダブルボギーでオールスクエア。

一進一退で進み前半はオールスクエア。

後半ワンダウンからの12番ホールのことです。

どちらもティーショットが曲がり、2打目を刻んで、3打目のこと。

残り100Yからの3打目、竹添さんがなんと直接入りバーディ。

99.99%、このホールの負けを覚悟しながらの残り50ヤード。

こういう場合はイメージだけで残りヤードは測らずピンだけを見て打ってみようと思い、直接入れるイメージで打ちました。

見事ダンクでカップイン。

観客ゼロの中、2人だけが興奮。こんなことあるんだなと。

お互いがこれは記念写真を撮っておこうとカートまでスマホを取りに行って記念撮影タイム。

後ろの組がだいぶ遅かったので。

その後も一進一退が続き最終ホールで決着。ワンダウンで敗戦しました。

いい勝負はできました。しかし悔しさは今までで最大でした。

特に最終ホールの二打目を相手が大きく曲げているのに、刻まず自分も曲げてしまったのは大きな後悔です。ボギーで取れたのに。

その前の17番も相手のボギーが決まっているのに、オーバーによる失敗を恐れてパーパットを打ちきれなかったこと。

16番のサードショットを保険をかけてオーバーしたことによる上りのパットが残ったこと。

笑いも泣きも最大に。これがゴルフの醍醐味の一つなのかといい経験でした。


この記事へのコメントを書く

ワイン買取について
フードマインドについて